顔認証の写真ハッキングを
徹底排除!
生体か否かを見極める
「なりすまし判定技術」

パナソニックとの「共同特許技術」を活用した「なりすまし判定技術」は、 「顔認証」「eKYC(オンライン本人確認)」等の「不正なりすまし・ハッキング対策」にご活用いただける生体検出(生体検知)セキュリティ要素技術です

〜 「 顔認証・eKYC 」のセキュリティを
「 なりすまし判定技術 」が守ります 〜

  • 顔認証
    顔認証
  • +
  • なりすまし判定技術
    なりすまし判定技術
  • =
  • 写真ハッキング防止
    写真ハッキング防止

「なりすまし判定技術」の特徴

1.【静止画なりすまし検知】スマホなりすましを検知

独自のアルゴリズムで、写真やスマホ画面に投影された顔画像を用いたハッキングを検知します。

<動画>スマホによるなりすまし判定
※音量の初期設定はミュートです

2.【動画なりすまし検知】ユーザにランダムにアクションを求めることで、なりすましを防止

本技術は、動画などの時系列データを解析することで、「①顔向き」「②目線」「③まばたき」「④メガネ着脱」「⑤マスク着脱」の情報を取得して「なりすまし判定」を行うことができます。
複数のアクションを求めてその通りのアクションを行ったかどうかを有無を検出することで、他人動画ハッキングを防止できます。

「なりすまし判定技術」で検出できるパーツ

  • 顔向き
    顔向き
  • 目線
    目線
  • まばたき
    まばたき

3.カメラを選ばずスマホカメラでも実装可!

本「なりすまし判定技術」はカメラ依存が少ないため、スマホカメラなどのデバイス搭載カメラや、WEBカメラ(USBカメラ)など、流通している多くのカメラを利用して手軽に「なりすまし判定」を実装できます。

4.SDK提供が可能

従来は製品(完成品)での提供が多かったなりすまし判定技術ですが、当社では「SDK(ソフトウェア開発キット)」を提供しているため、様々な製品/サービスに組み込んで本機能を実装できます。貴社で1から開発していただくより遥かに時間を短縮でき、比較的容易に実装可能です。

「なりすまし判定技術」eKYC活用例

「eKYC(オンライン本人確認)」などの「撮影時」に、手軽に「なりすまし判定」をプラスすることができます。

eKYC活用例

「なりすまし判定技術」に活用している特許技術

「なりすまし判定技術」活用特許

特許登録番号 特許権者 タイトル
1 JP6956986 株式会社スワローインキュベート
パナソニック株式会社
判定方法、判定装置、および判定プログラム
2 JP6717477 株式会社スワローインキュベート
パナソニック株式会社
画像処理方法、画像処理装置、及び画像処理プログラム
3 JP6721169 株式会社スワローインキュベート
パナソニック株式会社
画像処理方法、画像処理装置、及び画像処理プログラム
4 JP6725121 株式会社スワローインキュベート
パナソニック株式会社
視線検出方法、視線検出装置、及び制御プログラム
5 JP6745518 株式会社スワローインキュベート
パナソニック株式会社
視線検出方法、視線検出装置、及び制御プログラム
5 JP6757949 株式会社スワローインキュベート
パナソニック株式会社
画像処理方法、画像処理装置、及び画像処理プログラム

「なりすまし判定技術」の導入フロー

「なりすまし判定SDK」をご購入いただく場合の参考フローです。まずは「開発版ライセンス」をご購入いただき、PoCや実証実験で問題がなければ「商用版ライセンス」に移行して運用開始の流れです。
導入に関するご質問や、お見積もりご依頼は「お問合せ」よりお気軽にご連絡くださいませ。

  • お問合せお問合せ
  • お見積もりお見積もり
  • お申込み お支払いお申込み
    お支払い
  • 開発版SDK 納品開発版SDK
    納品
  • PoCPoC
  • 商用版条件交渉 ライセンス契約商用版条件交渉
    ライセンス契約
  • 運用開始運用開始

「なりすまし判定技術」SDK料金・価格

「なりすまし判定技術」は、現在「SDK (ソフトウェア開発キット)」を販売しています。
お見積もりは無料ですので、お気軽にお問合せくださいませ。また、SDK以外の提供方法をご希望される場合もその旨お問合せください。

無料トライアル

Windows PCで、手軽になりすまし判定のトライアルができる「無料トライアル」を各種ご用意しました。ご利用は無料ですので、技術精度の検証や使用感などを、ぜひお試しください。

トライアル種別 ダウンロード/利用申請
3 <Windows用>デモアプリ
4 <Windows用>SDKトライアル

資料

本技術の資料を無料でダウンロードできます。ぜひご利用ください。

SDKインターフェース仕様書

ページ数 / 44ページ

なりすまし判定技術のインターフェース仕様書です。

PDFダウンロード
PDFダウンロード

Windowsデモアプリご利用ガイド

ページ数 / 20ページ

「Windows用デモアプリ」のご利用ガイドです。

PDFダウンロード
PDFダウンロード

なりすまし判定カオスマップ

ページ数 / 1ページ

なりすまし判定(ライブネス判定)技術の提供企業を集めたカオスマップです。

PDFダウンロード
PDFダウンロード

FAQ(よくある質問)

QeKYCサービスも提供していますか?
Aいいえ。弊社はeKYCや顔認証に用いることができる「要素技術」を提供しております。
単体ではサービスとしては成り立ちませんが、お客様の顔認証エンジンや、eKYCサービスに組み合わせてご利用いただくことができます。
Qなりすまし判定技術では何が検出できますか?
A大きくわけて、「静止画なりすまし検知」と「動画なりすまし検知」を行うことができます。
「静止画なりすまし検知」は、スマホや写真に映った顔画像かどうかを判定します。「動画なりすまし検知」はユーザに特定のアクションを求めることで 指示通りのアクションをするかどうかにより、なりすましを判定します。
Qスマホアプリにも活用できますか?
Aなりすまし判定SDKはカメラ依存が少なく、iPhoneなど「スマートフォン搭載カメラ」でもご利用いただけますので、アプリ活用も可能です。
Q提供OSを教えてください
ALinux/Mac/Windows/iOS/Androidに対応しています。
詳細やバージョン情報、その他のOS希望がある方は、どうぞお気軽にお問合せくださいませ。
Q提供方法を教えてください
A現在は、「SDK(ソフトウェア開発キット)」を提供しています。
その他の提供方法をご希望される場合は、「お問合せフォーム」よりご連絡ください。
QSDKとはなんですか?提供形態を教えてください
ASDKとはSoftware Development Kitの略で、お客様のアプリケーションに組み込むための開発キットです。
C++インターフェースのヘッダーファイルと動的リンクライブラリ、サンプルアプリ、マニュアルが付属しています。

お問合せフォーム


会社名(法人名)必須
所属部署
ご担当者名必須
電話番号必須
メールアドレス必須
ご利用用途必須 開発版ライセンス 商用版ライセンス 研究用途 情報収集 その他
プラットフォーム必須 iOS  AndroidOS  WindowsOS  LinuxOS  その他  未定
お問合せ内容必須

 プライバシーポリシーに同意する